有効期限に注意

安く済ませるにはどうすればいい

健康診断書を発行するには健康診断を受けなければならないので、健康診断書を発行するのに掛かる金額は発行手数料に加えて健康診断の受診料となります。
どうしてもこればかりはタダにはならないのでどうしようもありませんが、健康診断の受診料を下げる方法はあります。
手間にはなりますが、候補となる病院の受診料をまず比較することです。
一律ではないので大きな差は無くても必ず安さにおいて優劣をつけることが出来るので、単純に一番安い病院を選ぶことが手っ取り早いです。
その分、診断書の発行手数料に上乗せしてくる可能性も考えられなくはありませんが、全体的に見れば損をすることはあまり無いでしょう。

選択肢が幾つもあるような地域に住んでいる人にしか使えない方法ではありますが、費用以外に重点を置かないのであれば素直に安さで選んで問題ありません。

相場と負担額の上限を知っておく

基本的に実費は覚悟しておいた方が良いですが、企業によっては健康診断及び健康診断書発行に掛かった費用を後で返してくれることもあります。
安く済ませるに越したことはありませんが、返ってくるのであれば費用を気にせず受診することが出来ますね。
しかし注意しておきたいのはどの程度まで負担してもらえるのか。
全額負担してもらえるのであれば何も心配することはありませんが、一定額までなら負担という形を取る企業も少なくありません。

個人病院なのか総合病院なのかで金額は大きく変わってきますが、相場は五千から一万円程度とされています。
これを目安にすることで、もし企業側に負担してもらえるのであれば限りなくゼロに抑えることが出来るのではないでしょうか。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top