健康診断書を発行してくれる公共機関

身近なところで入手が可能

健康診断書を最も簡単に発行してもらうには近隣の病院に行くことです。
しかし、だからといって小児科や耳鼻科などに行っても発行してもらうことは出来ません。
市や区内に大きな総合病院があればそこで発行してもらうのが一番良いでしょう。
その時に気をつけたいのが健康診断を行っている日にちもしくは曜日や時間帯などです。
大きければ混雑も予想されますのでこれらの確認と併せて予約を取れるのであれば取るようにしておきましょう。

また、小さな病院や個人で経営している場所であっても健康診断書を発行してくれることがあります。
絶対とは言えませんが、近くに総合病院が無いのであればそちらを当たってみるのも良いでしょう。
大きな所と比べると手元に届くまでの時間が短かったり費用が安くなるケースも少なくありません。

学生は面倒な過程を経ずに取得が出来る

企業によっては健康診断書の発行先の病院まで指定されてしまうこともあるようです。
そういった場合は大体その企業の近くにある病院だったりしますが、自分の家から遠ければやはりそれこそ早めに準備しなければなりません。

また、転職活動の場合はそうはいきませんが学生による就職活動の場合は学校で受けることの出来る健康診断の証明書で問題ありません。
わざわざ自分の足で健康診断を受けに行く必要が無いという点は学生の強みと言えます。
在学中であれば就職活動の際に卒業見込証明書や成績証明書なども必要になりますので、バラバラに入手するよりは同じ機関から発行してもらった方が管理もしやすくなります。
後で混乱してしまわないようにしたいのであれば在学中は学校で証明書を発行するようにしたいですね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top