下準備をしっかりして健康診断書をスムーズに入手

病院で健康診断書をもらいたいときはどうすればいい?

健康診断書の内容とは

貴方自身が健康だからといって、他人にそれを自身の力だけで証明することは不可能です。
健康そうに見える病人もいれば、あまり健康そうには見えないけれど病人ではない人もいるからそれは当然と言えます。
本人の申告ほどあてにならないものはありません。

しかし、時には自身が健康であることを証明しなければならない場面もあります。
一般的には就職、もしくは転職活動時に企業より提出を求められることが多いです。
これは労働者の雇用形態を問わずに事業者に義務付けられているものなので避けて通ることは出来ません。
基本的には義務付けられているだけなので面接の合否に影響することは殆どありませんが、同じ能力を持っていて何らかの持病を抱えている人と、健康な人の二人がいれば当然後者を選ぶ企業が多いでしょう。
また、重い病気を患っていたとして仮に採用しても予定している勤務開始日から働ける見込みがない場合、下手をすると採用を取り消されてしまうケースもあるようです。

このように持病を抱えていると一見就職、転職活動に不利になるようにも思えますが、しっかりと相手方に病気のことを伝えて自分が働けることをアピールさえ出来ればその心配はありません。
その為にもまずは健康診断書を提出、何らかの持病があるのなら嘘偽りなく申告する必要があります。
また、いくらアピール出来ても第三者のお墨付きが無ければそれは徒労に終わります。

自分の健康状態を知るツールともなり得るので定期的な健診を受けていない方にとっては一石二鳥となる健康診断書。
ではこの健康診断書は一体どうやって発行してもらうのでしょうか。

必須とも言える健康診断書

健康診断書とはそもそもどういったものを証明するものなのでしょうか。 あらかじめ内容を知っておくと下準備も出来るのでスムーズに診断書の作成が進むことでしょう。 特に急ぎの場合ではあの時ああしていればなどということは避けられますので事前に知っておいて損はありません。

健康診断書を発行してくれる公共機関

健康診断書の内容が分かったところで次はどこで発行してもらえるかという点について触れていきたいと思います。 なんとなく想像はつくと思いますが、健康診断書の発行をしてくれる機関は幾つかあります。 自分が一番利用しやすい機関を利用するようにしましょう。

有効期限に注意

健康診断書は当然健康診断を行わなければ発行出来ない上に発行手数料が別途取られてしまいます。 過去に診断書を手に入れていれば余分に費用を掛けずに済みますが、一般的に企業からは発行から3ヶ月以内のものを要求されることが多いです。 例外もあるようなのでその点は企業側に問い合わせてみましょう。

Page Top